--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙ではチリ一つも大問題

2010年01月26日 04:10

宇宙では、チリが舞うことすらも大問題なのだそうです。

「音波浮揚」で宇宙の塵を除去(WIRED NEWS)

高音のノイズをツイーター(高音用スピーカー)で鳴らし、音波を集中させる管の中に送り込むと、発生する圧力によって、地球外の厄介な粉塵を表面から浮かせて除去できる――『米国音響学会報』の1月号に掲載された研究論文が、このような実験結果を発表した。

粉塵は、月や火星の長期滞在型の宇宙植民地にとって、最大の障害の1つだ。月面には大気も水もないため、塵の粒子が地球上のように動かされて摩滅し、丸くなることがない。
そのため、探査機や宇宙飛行士の移動によって舞い上がる粉塵は、「まるで割れたばかりのガラスのように、非常に研ぎすまされて鋭くなっている」と、コロラド大学ボールダー校の物理学者、Zoltan Sternovsky氏は話す(同氏は今回の研究にはかかわっていない)。

太陽風の静電気による帯電、および月面の紫外線の影響により、この鋭くとがった粉塵はあらゆるものに付着する。宇宙服に付着すると、粉塵は手袋の密閉箇所を通り抜けてしまう。また粉塵は、探査機やその他の機器に電力を供給するソーラーパネルにも付着する。


つまり、宇宙では地球上よりもとても汚れる、ということのようです。
大気が無いこと、重力が弱いこと、というのはこんな些細なことさえも大きく変えてしまうんですね。

いつかヒトが月や火星で暮らすと、舗装されていない道を歩くたびに、
全身がホコリまみれということも起きかねないのでは確かに問題です。
シャワーばかり浴びるのもナンですし、何より水は貴重なものなのかもしれませんし。

ほぼ水を原料とした新素材

2010年01月25日 06:08

ほぼ水を原料とした新素材が開発されたそうです。

新素材:98%水…医療などで利用期待 東大チームが開発

強い力で伸縮しても元に戻り、大半が水でできたゲル状の新素材を、相田卓三東京大教授(超分子化学)らが開発した。硬さはこんにゃくの500倍といい、石油由来のプラスチックに代わる素材として医療や環境分野での利用が期待できる。21日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 新素材は「アクアマテリアル」と命名した。

(中略)

 成分は98%が水、粘土2%弱、新開発の化合物0.2%以下で、グミキャンディーのような手触りがある。強度は美容整形に使われる既存のシリコンゴム程度で、粘土を増やすと硬くなる。水が蒸発する約100度まで耐熱性があり、切断してもすぐはり合わせれば元通りになる。



成分のほとんどが水ということは、環境にもやさしいということになるんでしょうかね。
とりあえず、「切断してもすぐはり合わせれば元通りになる」ってあたりで何か面白いことに使えそうですね。

名前が良いです。
アクアマテリアル。未来的で。

ピラミッド建築士の誉れ

2010年01月25日 06:03

ピラミッド:建設労働者の墓を発見…「奴隷説覆す」

エジプト・ギザでクフ王の大ピラミッドやカフラー王のピラミッドの建設に従事した労働者の複数の墓が新たに見つかったとホスニ文化相が10日発表した。通説ではピラミッドは奴隷が建設したとされてきたが、発掘を担当した考古最高評議会のハワス事務局長は「墓は王のピラミッドのそばに造られており、労働者が奴隷でなかったことを示す貴重な発見」と指摘している。


ピラミッドは奴隷がこき使われて建造されたのでは無く、
きちんと仕事として受注して建造されていた可能性が高まったようです。

いわゆる公共事業というモノだったのかも、なんて。

・・・と、書いたところで、
ピラミッド - Wikipedia

一般的には奴隷の築いた王墓とされてきたが(“奴隷”の記述は階級闘争を進めるソ連の教科書に初めて記述された)、1990年代に入ってからギザの大ピラミッド付近でピラミッド建造に関わったとされる住居跡と墓が見つかり、豊かな生活物資や住居人のミイラ(身分が高くないとミイラにはされない)が発見されたことなどから、奴隷ではなく専属の労働者がいたことが明らかになった。また、ピラミッド建設に必要な高い建築技術は専門の技術者でなければ持っていないこと、建設に関する労働者のチーム編成や作業記録が文字で残っていることから、専門的な知識を持った技術者が居たことも間違いないと思われる。(奴隷も使用された可能性は残っている) また、住居跡があることから分かるとおり技術者は年間を通してピラミッド建設現場に居住していたことが分かっている。ナイル川が上流のサバナ気候の影響で氾濫し、農業ができない間農民が労働力として使われていた説もある。


よく知られた内容だったのですね。知らなかった。

自分達の作ったものが数千年後も存在していて、
しかも大勢の観光客を集めるほどの人気があるというのは、すごいことです。
奴隷が嫌々作ったのならアレですが、
技術者が当時の儀技術を結集して作ったというなら、技術者としてはこんなに嬉しいことはないでしょうね。

日本ロボット先進国化計画

2010年01月22日 04:46

トヨタなどの企業では、ロボットの製造を今頑張っているらしいです。
個人的にはぜひとも応援したいことです。

日本が構想する新しい市場は「新型ロボット」(WIRED NEWS)
wakamaru(Wikipedia Commons)

トヨタ自動車は、自動車を作る前にはロボットを作っていた。現在同社は、再びロボットを作ろうとしている。
(中略)
トヨタは、ロボットは2020年までに同社のコアビジネスになると予測している。

こういった動きを、人間の仕事を奪うものとか、安全への脅威となるものと見る者もいるかもしれないが、日本人はロボットを「鉄腕アトム」(Astroboy)のようなものとして見ている――人間という友達を救うために自分を犠牲にしてくれる、忠実な創造物である、と。

いずれにしろ、日本の最大手のメーカー複数が、未来のロボットを現実とするために努力を傾けている。


2020年までにコアビジネスになると予測というのは頼もしいですね。
あと10年でコアになるなら、あと5年くらいで日常にロボットがいるようになってくるのでしょうか?
携帯電話がミニロボットになっていったりしたら面白いんですけどね。

地球温暖化は本当かウソか

2010年01月22日 04:17

地球は温暖化しているのに、ある地方では気温が下がっているなどという話があります。
詳しくはわかりませんが、そういうこともあるそうです。地球の気候というのは繊細なバランスで成り立っているので、温暖化によって例えば季節的な風の通り道がズレたり、海流に変化が起きたりと様々な理由で地域的に考えれば、地球温暖化によって気温の下がる地域があるということは、結構納得してます。

今のところ、「地球温暖化」自体は本当だろうと思っているのですが・・・。

「25年後にヒマラヤ氷河消失」根拠なし? 英紙が報道(asahi.com)

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が2007年に出した第4次評価報告書で、ヒマラヤの氷河が「このまま地球温暖化が続くと、2035年までに消失する可能性が非常に高い」とした記述について科学的根拠がなかったと、英紙サンデー・タイムズが17日付で報じた。

 IPCC報告書は世界の一線の研究者約1千人が学術雑誌に掲載された論文やデータなどを元に作成しており、これだけで報告書の結論が揺らぐものではないが、地球温暖化懐疑派の攻撃材料がまた一つ増えることになる。


なにやらこういう話、多いですね。

電話で取材を受けた科学者が憶測で答えただけだったというオチらしいです。
結構適当なんですね。

地球温暖化は本当でも、どれだけ大きな問題なのかは正直わかりませんしピンともきません。
今回のように、無理やりにでも問題を大きくしようとしている動きがあるというのを知ってしまうと、
結局はエコやら地球温暖化やらというのは、ビジネスなのかな、とか感じてしまいます。

関連:本当に地球温暖化中?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。