--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月に水はあるのか。エルクロス。

2009年10月16日 03:14

エルクロス、月面に衝突

NASAの月探査機エルクロス(LCROSS)は、10月9日夜(日本時間、以下同様)、月面の南極にあるカベウスクレーターに衝突した。可視光では期待されたほどの閃光は確認できなかったものの、スペクトルなどの観測データが分析にかけられている。



さて、まずは単語を調べましょうか。

LCROSSというのは、「Lunar Crater Observation and Sensing Satellite」の頭文字だそうです。
Lunar(月)、Crater(クレーター)、Observation(観測)、and(そして)、Sensing Satellite(探査衛星)・・・。どう訳せばいいのコレ。
まぁ良いです。英語は雰囲気と直感で。

とにかくカベウスというクレーターに探査機をぶつけて、衝撃で撒き上がったものを回収しようというミッションのようですね。回収したものの中に氷があるかどうか確かめたいと。
氷があるということは、月には水があるということ。水があるならいつか人類が月で生活できるようになったときに水を地球から送らなくても良く、しかも水を電気分解してやれば酸素まで作れちゃうというかなり夢のある実験のようです。

このカベウスというクレーター。南極に有るということですが、光が当たらない地域なんだそうです。極夜みたいなものですかね。常に太陽が沈んでいるということですよね。多分。永久影というらしいですが。
月の場合大気がほとんど無いので、表面の温度変化が激しく、日向では110℃、日陰ではマイナス170℃ということです。常に日の当たらないカベウスクレーターでは常にマイナス170℃くらいなのですかね。月に水があるのなら凍ってはいるでしょうけど、探査機がぶつかった衝撃で溶けちゃったりしないのかな。

結果が出るまで数週間だそうです。楽しみですね。

関連:Wikipedia - 月
関連: エルクロス、月の水を求めて月面衝突(NASAプレスリリース)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jinpoo.blog110.fc2.com/tb.php/8-93334f6a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。