--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風が吹けば温暖化が相殺される

2010年02月01日 06:18

ややこしい話なんですが、
オゾン層の破壊が進むと地球は寒くなり、オゾン層が回復すれば地球は暑くなる、らしいです。
オゾン層の破壊によって寒くなることで、地球温暖化の進行を相殺していたのではないか、と。

オゾン層保護は地球温暖化を加速する?(National Geographic News)

地球上のほとんどの地域が温暖化するなかで、南半球の一部では一向に温暖化する気配がない。不思議なことに、オゾン層に穴が開いていることが原因だ。オゾンホールをふさぐための対策すべてが、実は南半球の全域で温暖化を加速させる可能性があるとする研究が発表された。夏の間、オゾンホールが遠因となって通常より明るい色の雲が形成され、これが太陽光を通常より多く遮断し、数十年間に渡って地球温暖化に対する防護壁となっているという。


海上で風が強まると明るく白い雲ができる。
その雲によって太陽光が反射され、結果温暖化を抑制する。

風が吹くと桶屋が - 的な感じです。
関係無さそうな別の出来事が、地球全体で考えると繋がるというのは面白いですが、
こんなに複雑なのに本当に何十年も先のことを予測できるのかなとか思ってしまいますね。

元記事には書いてありませんでしたけど、読む限りでは多分南極に限っての話ですね。
なので、オゾンホールをつくれば、どこでも温暖化が抑えられるという訳ではないです、多分。
まぁ、例えそうであっても、
地球温暖化を防ぐためにオゾン層を破壊していこう、という訳にはいかないですけど。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jinpoo.blog110.fc2.com/tb.php/61-e54fff21
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。