--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピラミッド建築士の誉れ

2010年01月25日 06:03

ピラミッド:建設労働者の墓を発見…「奴隷説覆す」

エジプト・ギザでクフ王の大ピラミッドやカフラー王のピラミッドの建設に従事した労働者の複数の墓が新たに見つかったとホスニ文化相が10日発表した。通説ではピラミッドは奴隷が建設したとされてきたが、発掘を担当した考古最高評議会のハワス事務局長は「墓は王のピラミッドのそばに造られており、労働者が奴隷でなかったことを示す貴重な発見」と指摘している。


ピラミッドは奴隷がこき使われて建造されたのでは無く、
きちんと仕事として受注して建造されていた可能性が高まったようです。

いわゆる公共事業というモノだったのかも、なんて。

・・・と、書いたところで、
ピラミッド - Wikipedia

一般的には奴隷の築いた王墓とされてきたが(“奴隷”の記述は階級闘争を進めるソ連の教科書に初めて記述された)、1990年代に入ってからギザの大ピラミッド付近でピラミッド建造に関わったとされる住居跡と墓が見つかり、豊かな生活物資や住居人のミイラ(身分が高くないとミイラにはされない)が発見されたことなどから、奴隷ではなく専属の労働者がいたことが明らかになった。また、ピラミッド建設に必要な高い建築技術は専門の技術者でなければ持っていないこと、建設に関する労働者のチーム編成や作業記録が文字で残っていることから、専門的な知識を持った技術者が居たことも間違いないと思われる。(奴隷も使用された可能性は残っている) また、住居跡があることから分かるとおり技術者は年間を通してピラミッド建設現場に居住していたことが分かっている。ナイル川が上流のサバナ気候の影響で氾濫し、農業ができない間農民が労働力として使われていた説もある。


よく知られた内容だったのですね。知らなかった。

自分達の作ったものが数千年後も存在していて、
しかも大勢の観光客を集めるほどの人気があるというのは、すごいことです。
奴隷が嫌々作ったのならアレですが、
技術者が当時の儀技術を結集して作ったというなら、技術者としてはこんなに嬉しいことはないでしょうね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jinpoo.blog110.fc2.com/tb.php/55-242ce8b8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。