--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4000万年前のウイルスを取り込んでいたヒトの遺伝子

2010年01月13日 12:57

ヒトゲノムには4000万年前のウイルス遺伝子が組み込まれている

大阪大学微生物病研究所の朝長啓造准教授率いる研究チームが、ヒトやサルなどのDNAに「ボルナウイルス」の遺伝子が取りこまれていることを発見したそうだ。この遺伝子は、少なくとも4000万年前までに取り込まれたと考えられるとのこと。7日付の英科学誌ネイチャーにて発表された


ヒトの遺伝子情報には昔のウイルスの情報が未だに残っているとの事。

そのウイルスに感染しにくくするためなのか、感染してしまったときに対応するためなのか、
詳しいことは良くわかっていないそうですが、
今回見つかった「ボルナウイルス」の遺伝子だけということは無いでしょう。

遺伝子情報は、たくさんの過去のウイルス情報を含んでるわけですね。
もしかすると、ヒトが今ここまで進化してきたのも昔のヒトがウイルスに感染したから、
だったりするかもしれませんね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jinpoo.blog110.fc2.com/tb.php/54-9e9f51a4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。