--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生能力の解明

2009年12月10日 04:38

プラナリアの頭と尾の方向を決める仕組みを解明

「ヘッジホッグ」というタンパク質が重要な役割を果たしているそうで、通常ヘッジホッグは頭から尾に向けて運ばれており、体が切断されると、元々尾があった方向の切断面にこのタンパク質がたまるそうだ。これが特定の受容体に結びつき、「尾を作る」命令を出す遺伝子が働き出すとのこと。



さてまずは「プラナリア」。プラナリアって何だ?
プラナリア - Wikipedia

(抜粋)
プラナリア(英: Planaria)は、扁形動物門ウズムシ綱ウズムシ目ウズムシ亜目に属する動物の総称。

この動物の再生能力は著しく、ナミウズムシの場合、前後に3つに切れば、頭部からは腹部以降が、尾部側からは頭部が、中央の断片からは前の切り口から頭部、後ろの切り口から尾部が再生される。このような各部から残りの部分が正しい方向で再生されるのを、極性があるといい、具体的には何らかの物質の濃度勾配ではないかとされている。再生が秩序正しく行われるための体内の濃度勾配原因物質としてNou-darake遺伝子が同定されている。


トカゲのしっぽの再生は有名ですが、頭(脳みそ)まで再生可能というのは、すごいですね。
この場合記憶とかはどうなるんだろう・・・。

それはさておき。
あるべき場所にあるべきもの(器官)ができるのはなぜだろう、ということです。
いつか人間にもこんな再生能力を医療で実現できるようになったときに、
腕を失くしたのに肩から足が生えてきたら嫌ですもんね。
12月09日深夜現在のWikipediaの文章から察するには、
体内では方向を何かの物質濃度で判断しているんじゃないかとの事ですが、
今回のニュースによれば、それは「ヘッジホッグ」というたんぱく質かもしれないということです。

ついでにもう一つ検索。
Nou-darake遺伝子

nou-darake遺伝子(ノウダラケ遺伝子、ndk遺伝子)はプラナリア頭部で発現する遺伝子の一つである。その機能を抑制すると頭部以外でも神経の発達を促進することから、「脳だらけ」と名づけられた(ジョークではなくれっきとした専門用語である)。これらの成果は国立遺伝学研究所と理化学研究所の共同研究によって同定された。
(中略)
2009年には、逆に頭部が作られず尾だけの「脳なし」となるnou-nashi遺伝子が発見されている。


これはプラナリア限定の話なんですかね。その気になれば、脳みそを培養して作ったりできるのかな。
それにしても、もう少し良い名前は無かったものか・・・。脳だらけって。
というか、Nou-darake遺伝子が元気なときは脳はできずにNou-darake遺伝子が元気無いと脳ができる、ということですね。ちょっと直感的で無いような・・・。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jinpoo.blog110.fc2.com/tb.php/40-9607547d
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。