--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政刷新会議と科学技術費

2009年11月15日 02:51

次世代スパコン、事業仕分けで事実上の「凍結」と判定

政府の行政刷新会議は2009年11月13日、2010年度予算の無駄な概算要求を判定する「事業仕分け」で、文部科学省が推進する次世代スーパーコンピュータ事業を「限りなく予算計上見送りに近い縮減」とし、事実上の「凍結」(民主党の田嶋要議員)と判定した。財務省は事業仕分けの結果を極力反映する姿勢を示していることから、次世代スパコン事業が凍結する可能性が高くなった。



無駄か無駄じゃないかという考えは状況や立場によっても変わるので、これが正しいとか間違いとかと言うことではないんですね。ただ残念な結果ではありますが。

そもそもスパコン事業は元々は共同開発民間企業3社で開発されていたのですが、今年の5月に3社のうちNECと日立製作所の2社が撤退するという状態だったようです。そのため大幅な仕様変更も必要で先が見えていないということもあったようです。

膨大なお金のかかることでもありますし無駄と判断されたなら、それをはねかえすだけの結果が無かったのかアピールができなかったのか、わかりませんが仕方の無いことです。

が、今回の場合「無駄を排除」というか「予算が足りないから」のような理由で行われているのが少し気になります。今現在結果の出ていないもの、あるいは先の見えないものをカットしていくのは一見合理的に見えますが、それは今だけという可能性もあります。

こういった研究の類は一度止まると、再開することがとても難しくなることがほとんどだと思います。
3年後、あるいは5年後に再び最先端を目指そうとすれば、今の何倍も予算を投入していかなければならないかもしれませんし、もしくは今の何十倍ものお金を払って外国から技術を買うということにもなるかもしれません。

【事業仕分け】最先端科学も“敗北” 「スパコン世界一」を否定 ノーベル賞受賞の野依氏憤慨

政府の行政刷新会議の13日の仕分け作業は、次世代スーパーコンピューターの開発予算に事実上の「ノー」を突きつけた。議論の方向性を決定づけたのは「(コンピューター性能で)世界一を目指す理由は何か。2位ではだめなのか」という仕分け人の発言。結局、「科学技術立国日本」を否定しかねない結論が導かれ、文科省幹部は「日本の科学技術振興政策は終わった」と吐き捨てた。



世界一を目指す理由は何か?というのには驚きです。
世界一を目指しても世界一になれるわけではありません。が、世界一を目指さず世界一になれるほど甘く無いと思います。「2位ではだめなのか」とありますが、1位を目指さず2位を目指すという意味なのでしょうか?
オリンピックで初めから銀メダル狙いのアスリートがいるでしょうか?金メダルではなく銀メダル狙いだと練習量を減らしても大丈夫なのでしょうか?世界一を狙うというのはそういうレベルでは無いと思います。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jinpoo.blog110.fc2.com/tb.php/28-d7bd20cc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。