--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐竜の絶滅は隕石衝突が原因でファイナルアンサー

2010年03月06日 03:49

恐竜の絶滅の原因はなんだったのか?隕石衝突というのも有力ながら一つの仮説と言われてきましたが、
どうやら隕石衝突が原因ということで専門家の結論が出たようです。

恐竜は隕石で絶滅、12か国のチームが結論

約6550万年前の白亜紀末に恐竜などが大量絶滅したのは、メキシコ・ユカタン半島に巨大な隕石
いんせき
が衝突したことが原因と結論づける報告を、東北大など12か国の研究機関による研究チームがまとめ、5日の科学誌サイエンスに発表した。



その隕石というのはどれくらいだったかというと・・・。

チームの計算によると、直径約10~15キロ・メートルの隕石が秒速20キロ・メートルで当時浅海だった地表に衝突。エネルギーは広島型原爆の約10億倍に相当し、大気中に拡散した大量のちりが太陽光を遮断した。光合成を行う植物などが死滅した結果、食物が減少し、恐竜も絶滅に追い込まれたと考えられる。


思ったより小さい・・・。
いや、直径10~15kmというのはもちろん大きいのですが、
時の支配者だった恐竜を絶滅させるには、もっと巨大な隕石なのかと勝手なイメージでした。

隕石衝突と聞くとどうしてもこの映画を思い出しますね。


今なら直径10~15kmの隕石が地球に来てしまったらどうしようも無いんでしょうか?
アルマゲドンの作戦は現実には無理だと思うんですが、現実には別の方法があるんでしょうか?
アルマゲドンが公開されてからも数年経ってますし。

有名な動画ですが、また見てしまいました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。