--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問する側にもマナーがあるということ

2009年10月28日 22:31

ゆとり教育が及ぼす経済力衰退の影響

「教師にサポートされることが当然と思っているのか、受け身の姿勢が強い。実習も教官が具体的に指示しないと準備すらしない。読解力も極端に弱く、『三角形の面積を求めるプログラムをつくれ』という試験を出したら、『どういうことかわからない』といってきた学生がいる。読めないのか、読む気がないのか、理解できない。『あまりにも稚拙だ』というと、『稚拙って何ですか』と聞き返してきた」

ゆとり教育が及ぼした学習姿勢に対する弊害として、よく指摘されているのがこのコメントにもある「受動的になった」ということだ。練習問題の解答の正否を自分で検証しようとはせず、安易に教師に正解を求めてしまう。知的欲求の低下も著しく、事典や辞書を自分で開いたりはせず、インターネットで自分の欲しい情報にアクセスすることで済ませてしまう。労力を惜しみ、効率性のみ追求する傾向も強くなっているようなのだ。



ゆとり教育って何なんでしょう。何でもかんでもゆとり教育のせいにすることの方がまずい気もします。

受身の姿勢が強いというのは、人によってはありますよね。確かに。
「わからないので、教えて欲しい」の一点張りで、何がわからないのかもわからない。ゆえにこちらも何を教えたらいいのかわからない。
何を知りたいのか、と、逆に聞いてみてもやっぱりわからない。じゃあ、こっちもどうして良いかわかりません。

個人的にはゆとりとかそういう問題では無いように思います。例えばパソコンなどの話であれば、逆に年配の方のほうが同じような場合が多いようにも思います。(もちろん人によりますが)
自分はパソコンがわからないのだ、学ぶ気は無い、サクッとわかりやすく教えてくれ、さぁ教えてくれ、と、ここまで直接言われたことはありませんが、そんな感じのこともあります。

とにかく、自分もそうならないように気をつけなくては、という話ですね。

あ、それから同意できないのは、なぜか辞典辞書とインターネットを分けているところですね。辞典辞書で調べようがインターネットで調べようが、同じことだと思いますが。
スポンサーサイト

ディズニーランドの仕事環境はさすがです

2009年10月15日 01:09

東京ディズニーランドで働いていたらしき人のつぶやき。

僕がTDLで働いていた時に1番スゴイと思ったこと

僕がTDLで働いているいた時に1番スゴイと思ったのは、アルバイトが新しいサービスや既存サービスの改善策を提案してそれがどういうプロセスで実際に現場に反映されるか、全てロードマップとして提供されていて、それを自由に利用することが可能になっていた点。



すごい簡単な話だけど、実に難しいことですね。
会社とかでも、アイディアがあれば言ってねみたいな事はよく言われますけど、言ったからってそれが実現した試しが無いみたいな。
アイディアというのは始まりの瞬間なので、その時点で完成してるわけじゃあ無いということです。アイディアを元にそれが実現できるかどうか練られて練られて、それからアリかナシか判断できるはずなんですが、大体は思いつきの段階で判断ステップに持っていかれるというのが多いんじゃないでしょうか。
下っ端の人間としては、自分でアイディアを出してそれが経営の偉いサンに採用されて会社全体の売り上げに影響する可能性がある、なんてこれっぽっちも考えてないわけです。だから、改善策を考えもしないし、思いついても大体は飲み屋で同僚と愚痴って終わりです。
社員みんなで良くしていこう、キミのアイディアを検討する用意がこちらにはある、と上の人が態度を示すというのは思っている以上に効果的なんじゃないですかね。

そもそも、ディズニーランドで働く人って仕事に対するモチベーション高いような気はするんですよね。アトラクションの入り口とかにいるお姉さん。一日中何回もあのハイテンションでアナウンスをしてるわけです。あの芝居がかった口調とテンション一日維持できますか?
いえ、できません。普通は。
そのあたりも、こちらからは見えないたくさんの工夫があるんだろうとか勘ぐってしまいますけどね。

・・・たまに思うんですけど、ディズニーランドで働いてる人っていつも比較的若い人ばかりに見えます。敷地内にいるスタッフが全員バイトって事は無いと思うんですが、年とったら一体どこに行くんでしょうか・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。