--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉虫の羽が光コンピュータの開発を助けるかも

2010年03月02日 07:21

玉虫の玉虫たる所以であるあの光が、光を制御する研究に役立つかもしれないそうです。
上手くいけば、光コンピュータのチップ開発が前進するとのことです。

甲虫の玉虫色が、光コンピューター・チップ開発の鍵に

アマゾン原産で体長2、3センチの甲虫の外殻に、物質科学者らが長年にわたって探し求めていた分子構造が自然に備わっていることが明らかになった。次世代の光コンピューター・チップ開発の鍵になると考えられている。

専門家の間では、もう数十年も前から、電気信号ではなく光によるコンピューター・チップが夢想されてきた。光子は電子と違って、互いに干渉することなく回路を行き来できるので、光チップなら2次元ではなく3次元での設計が可能になる。そのため、現在なら処理に数週間かかるデータを数秒で片付けられると考えられている。
だが今のところ、光コンピューティングはまだ夢の段階に留まっている。光チップを実現するには、シリコンが電子を通すのと同程度の速度で光子を通す結晶が必要だ。専門家らは光子を通すのに理想的な「フォトニック結晶」を思い描けてはいるが、まだ実際には作れずにいる。


今のコンピュータは電気信号をやり取りしているわけですが、
将来的には光信号に置き換えたいという希望があるそうです。

光を使うことで、計算のスピードは上がり、今のように熱もそれほど出さない、
つまりコンピュータの性能が劇的に上がるはずだ、ということですね。

そのためには、ある種の「フォトニック結晶」という素材を作らないといけないようなのですが、
これがまだ作れていない、と。
フォトニック結晶というのは、光の伝わり方を制御できるような構造の結晶なんだそうです。
光を制御してコンピュータの回路に使うためには必須となるのもわかりますね。

研究はまだまだこれからのようですが、いずれ光コンピュータになる日も来るのが楽しみですね。


科学やコンピュータの分野では、実は自然界からヒントを得たものというのが非常に多いんですね。
自然界とは、進化と最適化の集大成なんだということを実感しますね。
スポンサーサイト

ノートPCの駆動時間を2倍にする電池をパナソニックが開発

2009年12月27日 03:24

パナソニック、4Ahの大容量リチウムイオン充電池を開発

 パナソニック株式会社エナジー社は、ノートPCや電気自動車の長時間駆動を実現する高容量リチウムイオン電池の新技術を発表した。
(中略)
現在、ノートPCの半数以上に採用されている2.2Ahのリチウムイオン電池に比べて、同じ仕様であれば、2倍近い連続駆動時間を実現、またはバッテリのスペースを6セルから3セルへと半分にできる。


来年か再来年にはコレを実用化したLet'sNote(パナソニックのノートPC)がでるかもしれませんね。

もちろん将来はノートパソコンの性能も上がって電力消費もあがっているかもしれませんから、
単純に駆動時間が2倍になるかはわかりませんが、それでも今後に期待です。

耐久性も向上したそうです。
充電を繰り返すとどんどん持ちが悪くなっていくのは、ぜひとも改善して欲しいですね。

単三電池で動くパソコン

2009年10月14日 04:36

お値段1万円以下、単三電池で動くネットブック「Edubook」が登場

「Edubook」は約10個のモジュールなどで構成されており、約10分で組み立てることが可能になるというもので、DDR2 SDRAMのコントローラや100MbpsのLANアダプタ、USB2.0コントローラなどを統合した1GHzのCPU「MSTI PMX-1000」や8.9インチ液晶ディスプレイを搭載。OSはWindows XPをサポートしており、単三電池8本で4時間駆動するとしています。



CPUはちょっと弱めのような気がしますが、外へ出かけた時にちょこちょこ使うくらいと考えれば問題無いレベルですね。その他細かい性能はまだ出てないようですが、ちょこちょこ使用にくらいは耐えうる性能になるのでしょう。

お値段1万円以下、とか言いますが、ここら辺はあんまり真に受けられないんですよね。
ネットブック - Wikipedia

ネットブック(英: Netbook)は、ウェブサイトの閲覧や電子メール・チャットなどの基本的なインターネット上のサービスを利用することを主な用途とした、安価で小型軽量で簡便なノートパソコンのカテゴリーである。


と、ある訳です。インターネットに接続する訳です。接続するためにはプロバイダーがどうとかなってくるわけです。で、結局毎月それなりの金額を払うことになったりして。
ちなみに今ネットブックといえば大体どれもインターネット接続の契約とセットで一律100円とかで売られていますよね。ネットブックとインターネット接続契約のセットの場合、本体の価格とかほとんど関係ないんです。お値段1万円以下とかアピールポイントになるのかどうか。
ちなみに、インターネット接続の契約とセットにしないで買うのなら安い!という感じはしますが、インターネットの使えないネットブックなんて何に使ったら良いのやら。

単三電池8本で4時間というのも、それほど心動かないですね。面白いけど。外で電気が切れても電池を入れ替えれば使えるというのがメリットなんでしょうけども、充電電池でも家で充電しておいて8本も常に持ち歩くのか、それともコンビニでも行って電池を8本も買うのか(意外とお金かかりそうですし)。

電源に関して言えば、ソーラーパネルでの充電ができるようなノートパソコンが欲しいです。蛍光灯の光でも1時間置いておけば15分使えるくらいの充電ができれば文句無し。あとは、日常の無駄なエネルギーを充電にまわしてパソコンやら携帯やらに回せるようになれば良いのに。

振動を電気エネルギーに変換するデバイス
古い記事なので、元のニュースページが消えちゃってるんですが。振動を電気に変えられれば、電車に乗ってるだけで充電。自転車こいでも充電。歩けば充電。最悪貧乏ゆすりで充電。

いつか実現されますかね。どうですかね。

電源のワイヤレス化

2009年10月03日 01:20

数年間も放っておいてしまったのだけれど。
なんだかふとしたことで思い出したので、また飽きるまで書くことにしようと思います。

では早速、今日の気になったニュースを。

ソニー、電源のワイヤレス化に成功--50cm離れた機器へ60Wの電力を供給
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20400983,00.htm

ソニーは10月2日、電源コードを接続せずに離れた場所にある機器へ電力を供給できる「ワイヤレス給電システム」を開発したと発表した。60Wの電力を50cm離れた機器へワイヤレスで給電できるという。



記事によると、「送電デバイス」と「受電デバイス」というものが必要でこの二つの装置の間が50cmくらいまでならOK、とのこと。

電源がワイヤレスになると、色々便利ですよね。
ノートパソコンとかもワイヤレスにできるんでしょうか?とか思ったので検索してみたら、こんなページもありました。
ワットチェッカーでパソコンの消費電力を測ろうのコーナー
http://mayhemrb.blog25.fc2.com/blog-entry-197.html

このページによれば、高性能なデスクトップパソコンで200W、省電力を気にしたデスクトップパソコンで100W、 Eee PCというモバイルパソコンで15W程度の最大消費電力だそうです。もちろん各パソコンごとに消費電力が違うわけですから、あくまで参考ですが。
ネットブックとか言うんですよね。EeePCみたいな画面サイズが10インチくらいの小さなノートパソコン。これなら今すぐにでもワイヤレスかできそうですね。

ノートパソコンって電源コードをつなげなくちゃいけないので、意外に家の中では持ち運ぶのが面倒なんですよね。電源コードをつけたりはずしたり。もちろん外に持っていくようなときは初めから電源コード繋げたりしないので良いんですけど。
今はインターネットも無線でできますし、ノートパソコンから電源コードが無くなれば本当にコードレスですね。これは便利です。

あとは、携帯とかにも便利かも。送電デバイスから50cmのところに置いておけば勝手に充電されたりとか。でも携帯電話のサイズを考えたら、受電デバイス入らないのかな?サイズは記事に無かったからわからないですね。結構大きいのかな?なんとなくですけど実用化されるようになれば小型化は結構早いってイメージあるんですけど、どうなんでしょう?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。