--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝子治療で視力が復活できるようになるかも

2009年11月15日 01:53

遺伝子治療で視力回復

東北大の富田浩史准教授(分子生物学)らが、視覚障害のラットの視力を遺伝子治療によって回復させることに成功した。失明につながる加齢黄斑変性症や網膜色素変性症の患者の治療につながる成果。米科学誌プロスワンに発表した。



加齢黄斑変性症や網膜色素変性症という病気は失明につながる病気だそうです。
しかし、現在のところ有効な治療法は無いとの事。

この研究でこれらの病気の治療につながるかもしれないということです。

「視力回復」とあるので、視力0.1から1.5へ!、とかメガネが要らなくなるとかを想像したのですが、とりあえずはそういうことでは無いようですね。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。